iikbさんが苦手になってしまった話。

タイトルの通りです。


*


*


元気印オーディションの合宿映像を偶然見たのが一番最初。当時はハロプロTimeって名前で、深夜にテレ東で放送していた番組内の短い映像だった。


*


いちばんかわいいと思った。当時わたしは中学生で、化粧すらしたことがなくて、陰キャだったけれど、こんなに可愛い子は他にいないと思った。歌も踊りもそんなに上手ではないことはすぐにわかったけど、顔がタイプだった。特に笑った顔が好きだった。キャリーケースを引きながら、弾むような声で自己紹介をするだけで、いちばんかわいいと思えた。


*


その子はオーディションに合格した。同期と呼ばれる同時に合格した4人の中では最年長だった。


正直、4人の中で、いちばん下手だと思った。彼女は、歌も踊りも経験がないって言って笑った。エッグ上がりの最年少に馬鹿にされても、それでも笑ってた。


その笑顔が大好きだった。好きでいられる理由なんて、それだけで良かった。立ち位置がどんなに端っこでも、歌割りがどんなに少なくても。


どのMVを見ても、一瞬しか映らない彼女がやっぱりいちばんかわいかったし、ジャケ写もアー写も更新される度に、十数人の女の子の中でいちばんかわいかったと思った。勿論今でもそう思う。


*


それから数年経って、彼女は、モーニング娘。を卒業した。


卒業コンサートは見てない。お金が無くて、バイトが休めなくて、スカパーが映らなくて。理由は幾らでもあったけど、「モーニング娘。から卒業する彼女を見たくなかった」のがいちばんだったと思う。あの日のあの公演が彼女のために作られていたことも理解しているし、更新されたブログも、上がる写真も、どれもこれもなにもかも、すごくすごく綺麗で、終わってしまったんだなあって思った。


*


Vtuber活動は賛成だった。彼女のやりたかったことなんだなって理解が出来たから。元々そういった方面へのコンテンツが好きな彼女が好きだった。世界でいちばんかわいい顔でTRIGGERの話をする彼女がなにより好きだった。


ニーナは、彼女の生き写しだと思った。たかが数分の動画に、彼女が詰まってた。顔だけじゃなくて声も可愛いって、全世界に証明した瞬間だと思った。


InstagramTwitterも嬉しかった。彼女が発信する場が増えたことが嬉しかった。今までよりもずっと多方面から、彼女の魅力を感じることが出来るんだろうなってわくわくした。拡散しやすくなったし、彼女の良さがもっと多くの人に知れ渡るようになればいいなって期待した。


*


どうしてこうなってしまったんだろう。


*


裏切られたなんて大層なことを言うつもりはない。彼女がオーディションに合格してから卒業するまで、自分なりに彼女のことを追いかけて来たつもりだった。彼女のことをそれなりに理解していると思っていたし、どんな部分も好きだと思っていた。


どうしてこうなってしまったんだろう。


これから先も彼女のことを好きでいられる自信がなくなってしまった。


顔もWEARもブログもInstagramも好きだけれど、Twitterもニーナも言動も苦手だと感じるようになってしまった。


呼んでない強い女自撮りも、秒読みでバレたツイ廃も、ライン晒しも、毎晩他人のパクリおやすみツイートも、全部全部苦手。酔っ払ってどうこうみたいな内容のツイートがいちばんダメで、ミュートにしてしまった。関係ないけど自分から童顔発信するdu-ちゃんもダメだった。



*


*


なんのオチもないけどなんかそんな感じ。愚痴垢で流そうかと思ったけど別にそんなすごい愚痴じゃないし····· 誰かに共感してもらいたかっただけです、すみません。


読んでくださった方がもしいらっしゃいましたらありがとうございます。そしてごめんなさい。


降りる気は今のところないけれど冷めてしまったのはほんとなので少し彼女から離れます。前述した通り、ツイッターもミュートにしてしまったし、ニーナの動画も見なくなってしまいました。


こんな気持ちになってしまった自分が一番嫌いです。なんでだろうなあ。